男女

魚群探知機の選び方を徹底リサーチ|最適な魚探をゲットしよう

安心の業者に修理を依頼

作業者

コンベアベルトが突然切れてしまったら、慌ててしまう担当者も多いはずです。コンベアベルトは種類も多く、スムーズに交換することが難しいケースが多いのです。しかし、専門業者に依頼すれば安心して交換できます。

View Detail

レンタルでコスト削減

機械

土木や解体工事関係者から絶大の支持を受ける自走式粉砕機ガラパゴスは、 フルイ機と合わせて使用する機会が多いでしょう。購入する場合には大きな費用もかかりますが、レンタルでコストを削減することもできます。

View Detail

再利用できる

男性作業員

土質改良プラントを使用することで、建設発生土をリサイクルすることができます。配合によって強度の調整もできるため、さまざまな用途に応じた改良土をつくることが可能です。

View Detail

違いを把握する

船

漁業に欠かせないアイテムに魚群探知機があります。まず、魚群探知機を利用する際は、船の電源の状況次第で、魚群探知機の種類も変わってくるといいます。大型の漁船では、船内に搭載しているバッテリーを使って魚群探知機を使用します。供給するバッテリーの容量によって、魚群探知機が使用できる時間も変わってきます。大型バッテリーを搭載している漁船であれば、長時間使うことができます。反対に、容量が小さい場合は、短い時間しか魚群探知機を利用することができないのです。さらに、使用の際は、エンジンノイズに注意する必要があります。できるだけエンジンノイズの影響が出ないように、電源ケーブルと振動子ケーブルを沿わさないようにして、できるだけ束ねて配線することが大切です。
魚群探知機を使用するときに重要な問題に、最大水深があります。狙う魚によって最大水深が異なってくるので、魚に合わせて深さをリサーチしましょう。たとえば、キンメなどは、水深が320メートルから500メートルに分布するといわれています。海底などに多く生息するのです。魚によって、深さが大きく変化するので、まずは、どの魚を狙うのかを明確にする必要があるでしょう。そして、周波数も肝心なテーマとなります。低周波であれば、広範囲の魚群を探知することができますが、意志や方向が特定しにくいというデメリットがあります。高周波であれば、細かく魚群を探知することができますが、深度が浅くなるという問題があります。違いを知って、出力が高い魚群探知機を使うことが大切です。