男性

魚群探知機の選び方を徹底リサーチ|最適な魚探をゲットしよう

再利用できる

男性作業員

土質改良プラントは、廃棄されるような建設発生土の土質を改良して再利用するための設備のことです。建設発生土は、そのまま土の中に埋めてもうまく固まらずに、地盤沈下などの問題を引き起こしてしまう可能性があります。
土質改良プラントでは、建設発生土の質を改善して、リサイクルを促します。建設発生土は、建築や土木などの工事の際に、出てくる土砂です。地盤改良によっても出てきます。また、自然災害などが原因による土砂や、堤防などを造成する工事で発生した土砂のことも指します。こうした建設発生土は、そのままでは品質に問題があります。クオリティを高めるためにも、土質改良プラントを経由して改良することが大切です。一般的には、まずは、ふるいで固まっている土を細分化します。さらに、必要な固化材を混ぜ合わせて、目的に応じたさまざまな改良土をつくります。改良には、生石灰やセメントなどを配合していきます。混ぜることで、強度を調節することが可能だといいます。
さらに、改良土を製品化している業者によっては、それぞれ土質改良プラントを独自に開発しています。また、土質改良プラントを販売している業者もあります。自走式タイプや、定置式などさまざまな種類の土質改良プラントが販売されています。
改良土の強度は、用途に合わせて配合を設計できるといいます。主な用途としては、遊歩道などの土舗装や、グラウンドの材料として使われます。ほかには、宅地の造成や、農用地の盛土材でも使用されています。また、液状化を防止する目的や、配管工事の際にも利用されています。改良土を使うことで、リサイクルもできますし、コスト削減にも繋がるでしょう。